忍者ブログ
卒業公演に2作品を提供することになった作者・唐沢による稽古場レポートです
08<<    09  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30      >>10

[14]  [13]  [12]  [11]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日は今年最後の稽古日でした。
 演出からの小返しもだんだんエンジンがかかってきました。
 
 前回、Aチーム&Bチームという区分けでご紹介しましたが、研修生の希望により、チーム名を決めることになりました。
 話し合いの結果、決まった名前は「桃組」「桜組」
 初日は「桃」チームから始まり、千秋楽は「桜」チームとなります。
 「桃」の開花とともに春がスタートし、最後は「桜」の開花でフィナーレ!……という感じで一足早い「春」をお届けしたいと思います。
 チーム名変更に伴い、過去記事に載せたチーム名も変更しました。
 両チームともによろしくお願いいたします。

 さて、今日はいつもより早めに稽古が終了し、そのあとにスタッフ会議が開かれました。
 まずは音響との打ち合わせ。
 音が必要になる箇所をピックアップして音響の山崎さんに依頼。
 こだわりの山崎さんは、「ト書きに代々木公園ってあるから、表に聞こえる電車の音は小田急線ね」とメモ。
 「え、小田急線の音ってあるの?」と驚く舞台監督の金子さんに、「あるよ〜!全然違うんだよ。連結部分とか、レールの幅とか!」と電車の音の違いについて熱く語る山崎さん(笑)。
 その他、いろいろ細かい音響プランを考えてくださるようでとても楽しみです。

 音響の次は装置の打ち合わせ。
 平面図と模型を見ながら「出入りに支障はないか」「台本通りの芝居ができる位置関係か」「転換に無理がないか」などをチェック。
 今回、「ファイティング・マザー」のほうの場面転換が多めなので、いかに抽象的な装置をうまく使いまわせるかがポイントになります。

 最後はヘアメイク関係。
 「ファイティング・マザー」では木綿子が毎場面変身していくので、どこで地毛を使い、どこでウィッグを使うかなど、考えなければならないことがたくさんあります。
 美容室は小道具も多いので、それらの調達も大変そう。

 スタッフミーティングはいくらあっても時間が足りないなという印象。アイデアが出れば出るほどエンドレスになってしまいます。
 でも、舞台全体が具体的な形としてたちあがっていく過程はスリリングで楽しいですね。

 年明けからは「粗通し」に入ります。
 立って読むだけでもまた距離感が違ってくるのではないでしょうか。
 研修生の皆さん、年末年始はゆっくり休んで英気を養ってくださいね。


 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
初桃
年明け稽古は桃組からですよね。
そこで初めて桃組が観られます。
楽しみにしています!
伊万里@管理人 2008/12/25(Thu)  12:39 編集
無題
年明け桃組頑張ります
歯切れ悪い桃倉 2008/12/25(Thu)  07:42 編集
自首?!
いつも桜組ばかりにあたってしまって心苦しい唐沢です。
永井さんには「1日おきに来るからいけないんだ」と言われました。それはそうなんですけど…(笑)。

桜組千佳子さんは今日はダメだしがなかったようで、普通ならホッとするところなんでしょうが、「ダメだしがないとそれはそれで不安で〜」と自分から自首してきたので「ああ、やっぱり役者はなにも言われないほうが不安なんだ」とあらためて気がつきました。

作家の立場からあまりしゃべりすぎると先入観与えちゃうし、演出の邪魔になってもいけないと思うのでなるべく黙ってようと思うのですが、あまりにも心細そうだったので思わずちょっとしゃべっちゃいました(笑)。

スタッフさんの知力の結集、楽しみにしててください。
「え、そんなことやっちゃうの?ぷぷっ」ってなアイデアもありますから。
伊万里@管理人 2008/12/25(Thu)  00:45 編集
お疲れ様です。
今年最後の稽古、来ていただいて有り難うございました。
千佳子の事はまだまだ模索中で不安ばかりが募りますが、今日は唐沢さんの意見を少しでも聞くことが出来てよかったです。
これからもスタッフ会議が繰り返され、これからどんな美術・音響・照明・衣装になっていくのか、今からとても楽しみです。
心強いスタッフの皆様に恥ずかしくないよう、
私達も頑張ります
桜組千佳子 2008/12/25(Thu)  00:25 編集
公演詳細
「マダム・ノアールの占い事件簿」
「ファイティング・マザー」


作  ●唐沢伊万里
演 出●永井 寛孝
出 演●テアトル・エコー研修生(5期)20名
公演日●2009年2月
    12日(木)19;00(桃)
    13日(金)14;00(桃)/19;00(桜)
    14日(土)14;00(桜)/19;00(桃)
    15日(日)14;00(桜)
         計6回公演
料 金●2,000円(全席自由)
会 場●エコー劇場(恵比寿)
問合せ●テアトル・エコー
※公演は無事終了しました
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[02/23 伊万里@管理人]
[02/21 伊万里@管理人]
[02/21 金なっち]
[02/21 伊万里@管理人]
[02/21 伊万里@管理人]
[02/20 オナイ]
[02/19 凪野]
[02/17 伊万里@管理人]
[02/15 ケンタまん]
[02/12 伊万里@管理人]
プロフィール
HN:
唐沢伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家
自己紹介:

東宝アカデミー劇作家養成講座修了
劇作家集団「一葉会」メンバー

<受賞歴>
「ファイティング・マザー」
(名古屋文化振興賞戯曲部門入選)
「病院ミシュラン」
(テアトル・エコー創作戯曲賞佳作入選)

<上演歴>
「マダム・ノアールの占い事件簿」「ファイティング・マザー」「ハーフムーン」「セッション」
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード

Copyright (C) テアトル・エコー研修生5期卒業公演応援ブログ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]